You are here

オーディション主催者の評判

芸能関係の仕事に就きたいと考えたときに、オーディションを受けたいと考える方が多いですが、そのオーディションの倍率が一体いくらなのかわからない方が多いです。実は、事務所によって変わりますし、分野によっても変わります。今回はいくつかの分野の事務所の倍率を紹介していきます。

歌やダンス、タレント業、ドラマ、舞台などさまざまな分野で活躍をしているのがアイドルです。女性アイドルもいれば、男性アイドルもいます。こちらのオーディションの倍率は、ある人気女性アイドルグループのものになりますが、第3回目に行ったオーディションでは、合格倍率が987倍ほどだったそうです。今も新メンバーを取り入れるためにオーディションを行っていますが、どんどん倍率は上がっています。ちなみに、第1回目のオープニングメンバー募集のオーディションでも、合格倍率は300倍ほどでした。他にも、同じようなアイドルグループのオープニングオーディションの合格倍率は、1000倍ほどにもなるものもあったようです。次は、男性アイドルグループの倍率になります。人気あるたくさんの派生人気アイドルグループのある事務所では、ちゃんとしたオーディションというものがないのです。そのため、倍率は不明になります。書類審査である1次審査は、随時受け付けていますが、面接や実技審査などを行う2次審査や最終審査は不定期なのです。書類審査の合格者を集めて、レッスンを行いレッスンで才能のある方を採用しているからです。このレッスンが2次審査のオーディションという形になります。そのため、その時によって倍率が大分変りますので、とりあえず履歴書を事務所に送って連絡を待つしかありません。このように、女性、男性のアイドル関係の倍率は結構違います。他にもこちらも男性グループで人気がある、ダンスと歌がすごいグループのオーディションでは、合格倍率は400倍相当です。女性のグループも、男性のグループもとても合格するには険しい道のりです。また、今回は例で使っていますので全てがこのような倍率であったり、オーディション方法ではありません。また、このような人気アイドルグループではなく、地下アイドルというものやご当地アイドルというものであれば多少変わってきます。

では、お笑いタレントはどのような倍率になるのでしょうか。お笑いタレントは特に倍率とかが難しいです。まずは、そこの事務所に入りたいかを決めて養成所に入所します。ここでもオーディションを行う訳ですが、落ちたからといって事務所に所属できないわけではありません。養成所に入ると先輩、後輩や事務所、同期とのつながりが増えて多少事務所に入れた後に有利になることはありますが、必ずしも入らなくてはいけないということではないのです。そのため、合格倍率はあってないようなものになってしまうのです。養成所に入所できなくても、事務所の応募がなされているオーディションに受けたら合格したというお笑いタレントもいます。そのため、どのような芸風でいきたいか、事務所に所属した後、どのような仕事をしていきたいかを考えて、所属事務所を考えた方がいいでしょう。

歌手になりたい場合ですが、こちらも事務所によります。音楽だけで活動している事務所もあれば、役者、モデル、タレント、歌手などといったように分野を分けながらも同じ事務所の場合もあります。後者の事務所の方が圧倒的に多く、ほとんどの事務所がそうです。有名な歌手や歌手グループ、また有名なタレントや役者などが勢ぞろいしている大手の事務所では、不定期でオーディションを行っていますが、分野ごとのグランプリを決めてその合格倍率は全ての分野を合わせて出されています。ある事務所では、2014年にオーディションを行ったときに、合格倍率は1695倍ほどの倍率でした。しかし、歌手で1695倍という訳ではないので、ジャンルによるという事です。他にも、有名な歌手アーティストが所属している事務所では、5000倍の合格倍率のオーディションもありました。

Leave a Reply

Top