You are here

俳優になるためのオーディション

俳優になるためには、まず芸能事務所へ所属するか、劇団へ入るかを決める必要があります。スカウトされて俳優になったという話もよく聞きますが、スカウトされるのを待っているだけでは簡単に道はひらけません。テレビドラマや映画に出たいということも、劇場での演劇やミュージカルに出たいということも、自分から動いていかなければ俳優にはなれません。何かの役を勝ち取るためにはその役をもらうためにオーディションを受けることになり、事務所や劇団に入るためにもオーディションがあります。スカウトされていきなり役がもらえるのは、ほんの一握りの人でしかありません。その殆どは俳優や芸能人の卵になるためのスカウトや、オーディションで役をもらうためというよりは、活躍できる人になるためにレッスンを受けられるか受けられないかのオーディションというのが殆どです。レッスン料だけ払って養成所に行って終わる、という場合もあるということも理解しておかなければなりません。

俳優になるためのオーディションは、各芸能事務所が開催しているものもあります。専門の雑誌などもあり、今はインターネットで調べれば要項なども出ているため、自分で調べることも簡単です。安心なのはやはり大手の芸能事務所に所属することになります。テレビドラマや映画、劇団俳優などそれぞれ事務所によってどんな人材を求めているかも変わってくるので、自分が目指したい方向や自分に合っている毛色なども考慮に入れて、オーディションに応募することが大事です。背伸びをするのではなく自分を最大限に活かせることや、人とは違った部分を表現することができる事も重要になってきます。芸能人や俳優に憧れてオーディションを受けに来る人は相当の数の人がいます。その中で自分を選んでもらわなくてはならないのですから、大変な倍率になるのは当然です。偶然受かった場合もないとはいえないですが、日頃から努力をしなければならないのは当然です。

事務所に入るためではなく、役をもらうためのオーディションを受ける場合には、その役柄をどれだけ自分のものにしているかが鍵になります。その話の中での役柄を理解していること、主役なら主役、脇役なら脇役、それぞれの役に見合った露出の仕方というものがあるので、全てにおいて目立てばいいというわけではありません。終始目立つことのない役でも、自分がその役になりきって演じることが重要になり、審査をする人たちは目立つから合格にするというわけではないのです。目立てば確かに目を引く結果になりますが、その役柄が目立つことを良いとしない場合には全く役柄を理解していないということにもなってしまうのです。役として合格しなければその姿になることはできないので、自分を出しすぎずに与えられる役になりきることが鍵になると言えるのです。

どのオーディションを受けるにしても、いきなり演じるわけではありません。事務所に入る場合にも役をもらうためのものでも、多くの志願者をふるいにかける作業があります。それが最初に必ず行われる書類審査というものです。応募するだけでいきなり受けられるものではなく、書類選考に受かった場合に次の段階に進むことができるのが大半の流れです。オーディションといっても何段階かに区切られていて、書類審査、1次審査、2次審査、最終審査とそれぞれオーディションによって審査の数も変動しますし、受ける人数が多ければ多いほどふるいにかけられて、そこに残れるかどうかというのは確率が下がってきます。書類で落ちる場合には、運というよりも書かれた書類に惹きつけられるものがあるかどうかということになります。一瞥して見る気が失せるような書類では審査に通る気がしません。丁寧な作業も大事な要素の1つになりますし、書類を送るというところからオーディションはすでに始まっているのです。字を丁寧に書き、きちんとした身なりの写真を添付するなど、そういったところから大事にしなくてはならないのです。

Leave a Reply

Top