You are here

海外での主な病気

下痢になる
日本人はもともと胃腸が弱い人種だと言われています。 衛生面もしっかりしている国な上に、バランスのとれた食事が身についている為、海外に行くと下痢を起こす人は結構います。 普段、辛い物を食べなれていない人や、生のものを食べてしまった場合に起こりやすいです。

対策方法としてはまず、水は購入をする事です。
水を購入する際は、空の容器に水道水を詰めて販売をしている所もあるので、しっかりと蓋が締まっているかを注意してください。
水道水は、成分が違うので病気になりやすいです。
次は、生の物は食べない事です。 サラダも黴菌が沢山入っています。
最後は体調管理です。 体調が良ければ問題が無くても、疲労をしていると病気になりやすいので気を付けましょう。

虫対策
蚊に刺されただけでもマラリアにかかってしまう事があります。世界中に居る虫ですが、化膿をしたり、何週間も腫れてしまう事があるので注意が必要です。 対策としては虫よけをしっかりする事で、長袖を利用するのも効果があります。

日焼け対策
日本は、日焼けの紫外線が強くないと言われていますが、海外では火傷になってしまう場合が良くあります。 とにかく、日焼けをしないように日焼け止めを塗って、帽子をかぶり、水分補給をしっかりしましょう。

風邪対策
疲労がたまると非常に風を引きやすくなります。なるべく温度変化を少なくして、レインコートを持って移動をしましょう。

とにかく、疲労をしないように気を付けましょう。

Leave a Reply

Top