You are here

安全性の高いアンチエイジングは自分自身の細胞による再生医療が最適

肌や体への適応性が高く、安全性もバッチリ

肌を若々しくしたい場合に用いられる方法の中でも、近年大幅な進化を遂げている再生医療により行われるアンチエイジング療法であり、最も短い治療期間で高い成果を得られるものです。
現在行われている肌再生医療にも複数の方法がありますが、比較的簡単に行えるのが、患者本人の血小板を利用して行われる方法です。
血液を採取することにより血小板を採取し、肌の線維芽細胞の修復を手助けさせる事で、若々しい肌を再現させる事が出来ます。

再生医療で使われる血小板は、体内で血液が作られることですぐに補える為に、誰にでも簡単に安全に取り入れやすいアンチエイジング法と言えます。
再生医療によりアンチエイジングを行う上で、最も高い効果が得られやすいのは、加齢により数が減少しやすい真皮線維芽細胞を直接採取し、無菌室により培養したものを、再度肌に戻すという肌細胞補充療法で、肌の真皮にあるコラーゲンやエラスチンと呼ばれる弾力線維や、ヒアルロン酸を大量に生成させる事が可能となります。
肌細胞補充療法を行うことで、肌の心臓部とも言えるほど大切な肌の組織である真皮層が活性化され始め、肌自体が潤いを作りやすくなります。

肌細胞補充療法を実施されることで、加齢により発生しがちな皮膚のたるみや、深く刻み込まれたシワも目立たなくなりますし、開いた毛穴の存在も目立たなくさせる事ができます。
肌が元々持つ組織を強化させる治療法なので、肌や体への適応性も高く、とても安全性の高いアンチエイジングが行えるのです。

Leave a Reply

Top