You are here

ビジネスとは

ビジネス上で大切な色々なマナーについて考える

社会に出てサラリーマンになると会社では、マナーが重視される局面が多々あります。特に取引先との連絡で、それが重視される傾向があるのです。そもそも仕事では、絶対と言って良いほど得意先の企業との取引が発生します。さらにビジネスの世界では、お得意先に対するマナーが重視されるケースが非常に多いのです。相手先に対して失礼が無いように、いわゆる礼儀に心がける必要があります。

ところでビジネスのマナーにも様々な種類があるのですが、対面かインターネットかに大別できます。

大抵の企業では対面時のマナーが重視される傾向があります。得意先とはいえ相手は企業ですから担当者が代わることもあるので対面で話す機会も非常によくあるのですが、その際に相手に対して失礼が無いように礼儀を心がける必要があります。それと最近では、対面以外のマナーも重要視されている傾向があります。Webに関するマナーです。

近頃では、各企業はWEB媒体を用いてお得意先とやり取りをする機会も増加しています。それに前述のように得意先とのやり取りの際にはマナーが重視される傾向があるのですが、WEB媒体に関してもいくつかのマナーがあるのです。

例えばメールの文面です。簡潔且つ丁寧な文面にする事が必要とされる傾向があります。またメールのケースは、返事のスピードなども礼儀に関わってくるのです。得意先としては、電子メールに対して遅滞なく返信するよう求めている事が多々あります。ですので、メールに対する返信レスポンスも、マナーの一環になるのです。

最近ではWEB媒体の普及に伴い、ビジネスではメールでのマナーも重視されている傾向になっています。

こんな風にビジネスにおいてはマナーが重視される事が非常に多いため、一部の企業では労働者の方々に対してマナーのセミナーを行っているケースがあります。特に新卒の社員の方々に対して、その研修を行っている企業は非常に多いです。会社によってはマナー研修の為の外部講師を招いている例もあります。特に費用をかけて講師を招いている位なのですから、それだけ仕事上でマナーが求められている訳です。

 

ビジネスマナーはとても重要なことです。プライベートでは普通にやっていることに関してもビジネスシーンではNGなこともありますので注意しましょう。注意を怠ったことで周りから白い目でみられてしまったり、取引先から嫌われてしまったりすることがありますので気を付けましょう。ビジネスシーンでしても良いことなのか悪いことなのかきちんと見分けを付けて行動することが重要となってきそうですね。

Top