You are here

ソフトウェアのシステム管理者の仕事内容

“情報システムを運用していく仕事の作業内容とは、ただ既存のソフトウェアやハードウェアの動作を維持していくだけではありません。時間が経つとともにどんどん変化をしていく運用状況への対応が求められる仕事なのです。組織活動の方針の変更、上司が部下に依頼した新規の仕事により、エンドユーザーによるシステムの負荷は容易に増えていきます。サーバーやネットワークの負荷が大きくなる場合はあっても、小さくなるのはまれなことです。

 

クライアントパソコンのリソースも、システム管理者の都合など無視で、ソフトウェアの更新や既存のシステムを安定稼働させようと思っても、システム管理者の手の届かない所で、情報システムはどんどん変化を遂げていくのです。ほとんどは負荷が大きくなる傾向にあります。

それに、問題となるのは負荷が大きくなる事だけではありません。

エンドユーザーによる適切ではないシステムの利用、または情報の漏えい、ソフトウェアが意図しない動きをすることによっておこる障害や突発的なハードウェアの障害など、予想も出来なかった問題に直面する事があり得ます。このように、システム管理者の仕事とは、これらの変化やトラブルに対し一番コスト安の方法で安全に対応する事でしょう。たとえ、その対応の仕方が副次的であっても、システムを所有している組織やエンドユーザーに対してメリットを提供する事が出来ればベストでしょう。
違った見方をしますと、情報システムの運用の状態がどんどん変わっていくからこそ、システム管理者の活躍の場が広がると言ってもいいでしょう。もちろん、こうしたトラブルを回避したり、すばやく対処するための手法というのはたくさん存在しています。ですが、こうしたソリューションを導入するという事は既存のシステムへの影響や負荷の増加などという新しいリスクを作ります。”

Top