You are here

ソフトウェア開発でのシステム管理の資格取得

システム管理の為のソフトウェアは、一部の技術的な会社から提供されています。そしてそのソフトを開発している方々は、資格を保有しており、誰もがそのソフトウェアを開発できる訳ではないのです。

そもそもシステムの不具合が発生すると、企業としては大変な事になります。情報漏えいなどが発生すれば大きな問題になりますし、システムが極端に重くなってしまうと業務効率も落ちてしまいます。
そのような不具合などが発生しないよう、システムを開発している方々に対しては知識が求められます。
つまりソフトウェアやシステム開発している方々に対し、知識が求められるわけですが、それを証明するための資格があります。

システム開発にはセキュリティがつきもの?

生産・原価管理システムを提供しているサイト!詳しく知りたい方には必見です!

その資格試験の合格率は約23%となっており、かなり難易度が高いものとなっています。このシステム管理に必要な資格試験は、全国の色々な都市にて受験をする事ができます。東京や大阪など大都市圏にて受験する事ができ、試験は1年に2回実施されています。

まず4月の第3日曜日に、そして、その半年後の10月の第3日曜日にもその試験が実施されています。その資格試験のテスト時間は、合計で5時間になります。まず午前9時30分から12時まで、2時間半にわたるテストが実施されます。そして途中に一度休憩を挟み、13時から15時30分まで午後の試験が実施されます。

なおトータルで5時間というのは、数ある資格試験の中でもかなり長い方です。ちなみに午前の試験は全部で80問になり、午後の試験は13問の中から7問答えるセレクト問題となっています。
そして、一定の水準を超えている方が合格できる訳ですが、前述のようにその難易度は高めです。つまりシステム管理のソフトウェアというのは、このような厳しい資格試験に合格をしている方によって作られている訳です。

 

ソフトウェアの開発には技術が必要になります。その技術を学ぶために資格を取得してみてはいかがでしょうか。資格を取得することによって、確かな技術力の証明にもなりますし、足りない技術を補うこともできるのです。あなたは、どれくらいの技術を持っているのか説明できますか?それを提示するだけで説明が出来るのが、資格といったものになるのです。

 

Top